【Javascript】次のページに進む (history.forward)

この記事では、Javascriptで次のページに進むボタンを実装する方法について紹介します。

history.forwardの使い方

Javascriptではhistory.forward()で次のページに進む処理を実装できます。
これをボタンを押した時に実行することで「進むボタン」を作れます。

【書式】
history.forward()

・1つ次のページに進む

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。
「実行ボタン」を押すと次のページにジャンプします。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!