【Javascript】IndexedDBでデータベースの新規作成・接続

JavascriptのIndexedDBでデータベースの新規作成・接続する方法をまとめました。

IndexedDBでデータベースの新規作成・接続

Javascriptでデータを保存する1つの手段として「IndexedDB」があります。
「IndexedDB」は、localStorage同様、ブラウザ内にデータを保存することができます。
localStorageより扱い方が難しいですが、大量のデータを保存できるメリットがあります。
名前の通り、「データベース」を構築します。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

function main(){
  var dbName = 'testDB';

  var request  = indexedDB.open(dbName); // DB名を指定して接続(DBがなければ新規作成)


  //onupgradeneededは、DBのバージョン更新時に実行(DBの新規作成も含む)
  request.onupgradeneeded = function(event){
    console.log('DBのバージョンを更新します');
  }
  
  request.onsuccess = function(event){
    var db = event.target.result;// onupgradeneededの後に実行(更新がない場合はこれだけ実行)
    db.close();// 接続を解除
  }
  
  request.onerror = function(event){
    console.log("接続に失敗しました');
  }
};

「データベースへの接続」「データの挿入・取り出し」などのリクエストが成功するとonsuccess、失敗した時はonerrorが呼び出されるます。
なので、成功時・失敗時それぞれの処理を呼び出される関数内に書きます。

関連記事
1 【Cordova入門】Androidアプリ開発編
2 Javascript入門 サンプル集
3 Node.js入門
Javascript
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました