【Javascript】入力欄変更時のイベント処理(onchange)

スポンサーリンク

Javascriptで、入力フォームの内容が変更された場合のイベント処理(onchange)の記述方法とソースコードについて紹介します。

スポンサーリンク

onchangeイベント

Javascriptでは、onchangeイベント(チェンジイベント)を使うことで、入力フォームの内容が変更された場合の処理を記述できます。

【書式】
<タグ名 onchange=”イベントハンドラ”>

※タグ名:input, selectなどの入力フォームのタグ
※イベントハンドラ:入力欄が変更された際の処理

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。
選択リストの項目を変更する度に、アラートダイアログと選択項目が表示されます。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!