【Javascript】数字の昇順・降順ソート

この記事では、Javascriptで配列内にある数字をソートする方法とソースコードについて紹介します。

数字のソート(昇順・降順)

Javascriptでは、「array.sort」メソッドと比較関数で配列内にある数値データをソートできます。

【書式】

// ソート
array.sort()

// 比較関数
function sortFunc(a, b){
// ソートの処理を記述
}

比較関数では、配列の各要素の値を2つずつ取り出して関数の引数(a, b)に渡し、関数の返り値に応じて並べ替えを行います。
①返り値が正の値・・・引数1(a) >引数2(b)と判定
②返り値が0・・・引数1(a) >引数2(b)と判定
③返り値が負の値・・・引数1(a) < 引数2(b)と判定

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。

【昇順ソートの場合】

【降順ソートの場合】

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!