【PHP】Cookieの作成(書込・送信・保存)

PHP

この記事では、PHPプログラムでCookie(クッキー)の作成(書き込み・保存・送信)方法とサンプルコードについて紹介します。

Cookie(クッキー)

Cookie(クッキー)とは、クライアント側(ページ閲覧者)にデータを保存するためのものです。
入力履歴などをクッキーに書き込んでクライアント側に保管してもらうことで、再びページを閲覧したときに、途中まで入力したデータを復元したりできます。

PHPでは、setcookie関数を使うことで、クッキーを作成して、クライアント側へ送信し保存させることができます。

【書式】
setcookie ( string name [, string value [, int expire [, string path [, string domain [, int secure]]]]] )

引数 内容
name クッキーの名前
value クッキーの値
expire クッキーの有効期限
path クッキーの有効パス
domain クッキーの有効ドメイン
secure 1:HTTPS接続のみクッキー送信、0:デフォルト

返り値:TRUE(正常終了)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

ページにアクセスしたクライアントに、以下のクッキーを送信して保存させることができました。

クッキー名:’クッキー名’
値:’クッキーの値’

【関連記事】
【XAMPP】Apacheの使い方
PHP入門 基本文法

PHP
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました