【PHP/Laravel】コントローラとルーティングの作成

Laravelでコントローラとルーティングの作成する方法についてまとめました。

コントローラの作成

LaravelでTaskコントローラを作成するには以下のコマンドを実行します。

php artisan make:controller TasksController

実行すると、「app/Http/Contollers」に「TasksController」が生成されます。

ルーティングの設定

ルーティングとは、URIと処理を繋げる役割のことです。
つまり、「どのアドレスにアクセスしたら、どの処理を実行するか」ということを決めます。

ルーティングの作成手順

①「routes/web.php」を開きます。

② web.phpに以下の1行のコードを追加します。

Route::resource('tasks', 'TasksController');

③ 作業内容は以上です。
Route::resouceを指定することで、CRUDルーティングを一度にでき、次の7つのアクションが定義されます。

Verb URI Action Route Name
GET /tasks index tasks.index
GET /tasks/create create tasks.create
POST /tasks store tasks.store
GET /tasks/{task} show tasks.show
GET /tasks/{task}/edit edit tasks.edit
PUT/PATCH /tasks/{task} update tasks.update
DELETE /tasks/{task} destroy tasks.destroy

参考:https://laravel.com/docs/5.3/controllers#resource-controllers

関連ページ
1 【PHP入門】基礎文法とサンプルコード集
2 【PHP】Laravelフレームワーク入門
関連記事