【PHP/Laravel】MySQL(Maria DB)のデータベースを作成

LaravelでMySQL(Maria DB)のデータベースを作成する方法についてまとめました。

MySQL(Maria DB)のデータベース作成

実行環境
OS Windows10
パッケージ XAMPP 7.2.7
PHP 7.2
Laravel 5.6.27

XAMPPのphpMyAdminを用いて、MySQLの「ユーザー」「データベース」を作成します。

① XAMPPを起動し、「Apache」「MySQL」の横のStartボタンを押して起動します。

② [Shell]ボタンをクリックし、シェルを起動します。

③ 下記のコマンドを実行し、ユーザー名「root」、パスワードなしで接続します。

mysql --user=root --password=

④ 下記のコマンドを実行し、データベース名が「test1」のデータベースを作成します。

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE `test1`
 -> CHARACTER SET utf8mb4
 -> COLLATE utf8mb4_unicode_ci;

※「Query OK, 1 row affected (0.01 sec)」などと表示されたら成功

⑤データベースの接続情報を.envに設定します。

.env

DB_DATABASE=test1
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=

⑥ shellでデータベースからログオフし、下記のコマンドを実行します。
※database/migrationsにマイグレーションファイル「yyyy_mm_dd_hhmmss_create_tasks_table.php」を作成

php artisan make:migration create_tasks_table --create=tasks

⑦ マイグレーションファイルを開き、upメソッドを次のように修正します。

場所:database/migrations/yyyy_mm_dd_hhmmss_create_tasks_table.php

    public function up()
    {
        Schema::create('tasks', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->string('name')->nullable();
            $table->string('class')->nullable();
            $table->timestamps();
            $table->softDeletes();
        });
    }

補足

※論理削除に対応できるよう「$table->softDeletes()」を追加
※「name」「class」というカラム名で、2つの文字列型カラムを作成

⑧ マイグレーションを実行してテーブルを作成します。

php artisan migrate

⑨ 作業内容は以上です。

関連ページ
1 【PHP入門】基礎文法とサンプルコード集
2 【PHP】Laravelフレームワーク入門
関連記事