【PHP】ログインページ(認証画面)の作り方

この記事では、PHPでログインページ(認証画面)を作る方法とサンプルコードについて紹介します。

ログインページ(認証画面)

PHPでは、header関数を用いてログインページ(認証画面)を作ることが出来ます。
header関数は、HTTPヘッダをクライアントに送信することができます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

Apacheを起動し、phpファイルにブラウザでアクセスすると認証画面が出てきます。

ユーザー名:fubuki
パスワード:kongo

を入力すると、「ログインに成功しました」と書かれたページにアクセスできます。

【関連記事】
【XAMPP】Apacheの使い方
PHP入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!