【Processing】複数のWebカメラを扱う

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Processing言語で2台以上のWebカメラを扱う方法をソースコード付きで解説します。

複数のWebカメラ

Processingでは、2台以上のパソコンに接続されたカメラも操作できます。

【処理手順】
①画面のサイズを設定する。(ここでは1280×480)
②PCに接続されている全てのカメラのリストを取得する。
③リストの一番最初にあるカメラとその次のカメラのキャプチャーをおこなう。
④カメラから画像を取得する。
⑤取得した画像を表示する。
⑥4~5を繰り返す。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!