【Processing】OBJLoaderのインストール

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Processing言語に3Dモデルライブラリ「OBJLoader」をインストールする方法と使い方について紹介します。

OBJLoaderとは

OBJ Loaderとは、OBJ形式の3DモデルをProcessingで扱う事ができるライブラリです。
Blender等の3Dモデリングソフトで制作した3DモデルをProcessingで表示させることができます。

インストール手順

①NyARToolKitから最新版のOBJ Loaderを選択してダウンロードします。
https://code.google.com/archive/p/saitoobjloader/downloads
※Processing1.5.1以下の場合は、Version 023でないと動かないかもしれません

②ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

③解凍したフォルダ一式(OBJLoader)を「Processing」→「sketchbook」→「libraries」フォルダ内に移動します。
※sketchbookの場所はProcessingの画面のPreferenceから確認できます

④以上でダウンロードとインストール作業は終了です。

【動作確認】
①パソコンにWebカメラを繋ぎます。
②「OBJLoader」→「examples」→「OBJLoader_Sample_SAITO」フォルダ内にある「ObjLoader_Sample_SAITO.pde」を実行します。
③3Dモデルが表示されればテスト成功です。

※失敗する場合は、グラフィックドライバが古いことが原因である可能性があります。
※詳しい対処法は下記事に掲載
【Processing】P3Dが使えない問題の対処法

【関連記事】
Processing入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!