シェアする

【Python】for文で繰り返し処理(反復)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Pythonでfor文による繰り返し処理を使う方法をソースコード付きで解説します。

繰り返し処理(for文)

Pythonでは、for文を用いて繰り返し処理を行うことが出来ます。

for文:オブジェクトを使う場合

【書式】

for文では、オブジェクトから全要素を順に1つずつ変数に代入して処理を繰り返します。
(すべての要素を代入し終わったら繰り返し処理が終了)

【サンプルコード】

【実行結果】
1
2
3
End

for文:range関数を使う場合①

rangeを使う場合の書式は下記の通りです。
【書式】

繰り返しの回数を指定する場合はrange()関数を使います。
回数だけ指定した場合は、0から指定した回数だけ繰り返します。

【サンプルコード】

【実行結果】
0
1
2
End

for文:range関数を使う場合②

以下の場合は、3~5まで繰り返します。

【実行結果】
3
4
5
End

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)