【Python】for文で繰り返し処理(反復)

この記事では、Pythonでfor文による繰り返し処理を使う方法をソースコード付きで解説します。

for文:オブジェクトを使う場合

書式

for 変数 in オブジェクト:

    処理

for文では、オブジェクトから全要素を順に1つずつ変数に代入して処理を繰り返します。
(すべての要素を代入し終わったら繰り返し処理が終了)

サンプルコード

list = [1, 2, 3]
# list内の全要素が代入されるまで繰り返し
for x in list: # listの内容を1つずつ取り出してxに代入
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

1
2
3
End

for文:range関数を使う場合①

rangeを使う場合の書式は下記の通りです。

書式

for 変数 in range(回数):

    処理

繰り返しの回数を指定する場合はrange()関数を使います。
回数だけ指定した場合は、0から指定した回数だけ繰り返します。

サンプルコード

for x in range(3):
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

0
1
2
End

for文:range関数を使う場合②

以下の場合は、3~5まで繰り返します。

for x in range(3, 5):
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

3
4
End

【おすすめ記事
Python入門 基本文法・サンプル集

シェア&フォローお願いします!