【Python】for文の使い方まとめ(繰り返し処理・反復)

この記事では、Pythonでfor文による繰り返し処理を使う方法をソースコード付きで解説します。

for文:オブジェクトを使う場合

書式

for 変数 in オブジェクト:

    処理

for文では、オブジェクトから全要素を順に1つずつ変数に代入して処理を繰り返します。
(すべての要素を代入し終わったら繰り返し処理が終了)

サンプルコード

list = [1, 2, 3]
# list内の全要素が代入されるまで繰り返し
for x in list: # listの内容を1つずつ取り出してxに代入
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

1
2
3
End

for文:range関数を使う場合①

rangeを使う場合の書式は下記の通りです。

書式

for 変数 in range(回数):

    処理

繰り返しの回数を指定する場合はrange()関数を使います。
回数だけ指定した場合は、0から指定した回数だけ繰り返します。

サンプルコード

for x in range(3):
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

0
1
2
End

for文:range関数を使う場合②

以下の場合は、3~5まで繰り返します。

for x in range(3, 5):
    print(x)# xを表示

print("End")

実行結果

3
4
End

for + in演算子

in演算子は、リスト内に指定した値があるか否かを確かめる演算子です。

書式

検索値 in リスト名

【返り値】
検索値がリスト内にあればTrue、そうでなければFalse
※リスト以外にもタプルや辞書に対しても使うことができます

【Python】in演算子の使い方

for文内でin演算子を使用すると、リスト・タプル・辞書から要素を1個ずつ取り出すことができます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-

# リストの初期化
names = ["宮内ひかげ", "富士宮このみ", "加賀山楓 "]
# 結果表示
for name in names:
    print(name)


# 宮内ひかげ
# 富士宮このみ
# 加賀山楓

【詳細】【Python】for文におけるin演算子の使い方

for文 + enumerate

Python3では、for文+enumerateで、リストから要素とインデックス(要素番号)を抽出できます。

書式

for 変数名1, 変数名2 in enumerate(リスト名):

※変数1に要素番号、変数2に値が代入されます。
for文はリストの要素数だけループします。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

#-*- coding:utf-8 -*-
# リスト宣言
array = ["沖田", "武蔵", "モードレッド"]
 
# インデックスと要素を取り出し
for i, e in enumerate(array):
    print("要素番号:", i, ", 値:", e)

サンプルプログラムの実行結果です。

要素番号: 0 , 値: 沖田
要素番号: 1 , 値: 武蔵
要素番号: 2 , 値: モードレッド

【詳細】【Python】for文+enumerateでリストから要素とインデックス抽出

おすすめ記事
1 Python入門 基本文法・サンプル集
関連記事