【Python】インスタンス変数に代入・アクセス

この記事では、Python言語でインスタンス変数に代入・アクセスする方法とソースコードを解説します。

【インスタンス変数】代入・アクセス

インスタンス変数とは、生成されたインスタンス内のみで使える変数です。

インスタンス変数とは何物かについては下記事で解説しています。
クラス変数・インスタンス変数とは?意味や違いを解説

Python言語のインスタンス変数へ外部から代入・アクセスする書式は下記の通りです。

書式
外部(クラス外)から代入 インスタンス.インスタンス変数 = 値
内部(クラス内)から代入 self.インスタンス変数 = 値
# -*- coding: utf-8 -*-

# クラスの定義
class MyClass():
    def __init__(self):
        self.x = 0     # インスタンス変数xへ内部から値を代入
        self.y = 0     # インスタンス変数yへ内部から値を代入
        self.z = self.x + self.y


# インスタンスの生成
my = MyClass()

# インスタンス変数へ外部から値を代入
my.x = 10
my.y = 20
my.z = my.x + my.y

# インスタンス変数の中身を表示
print(my.z) # 30
関連記事
1 Pythonでオブジェクト指向プログラミング
2 Python入門 基本文法
関連記事