【Python】リストの使い方

この記事では、Pythonでリストを使う方法をソースコード付きで解説します。

リストとは

リストとは、データを一列に並べたものです。
リストに格納されたデータのことを要素といいます。

Pythonのリストは、カンマ( , )で区切ったデータ(要素)を角括弧[ ]で括ることで作成できます。
(要素の値はすべて同じ型にする必要はありません)

リストの宣言・定義例

list1 = [95, 30, 75, 42, 56]
list2 = [“hello”, “world”, 1, 2, 3]

list2のように文字列と整数型の要素を1つのリストに格納できます。
※C言語の配列ではできません(同じ型のデータしか格納できない)

操作方法まとめ

リストの細かい操作方法について下記にまとめました。

要素取得
末尾の要素取得
スライスで要素取得
末尾に要素追加
任意の場所に要素追加
要素の削除
リストの要素確認
in演算子

【関連記事】
Python入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!