【NumPy】データ型の種類一覧 dtype

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列生成時にデータ型を設定する方法をソースコード付きで解説します。

データ型の種類一覧

NumPyの配列のデータ型は以下の種類があります。

種類 説明
bool 論理値型
inti OS依存の整数(64bitのOSならint型64ビット)
int8 8ビットの整数型
int16 16ビットの整数型
int32 32ビットの整数型
int64 64ビットの整数型
unit8 8ビット符号なし整数型(画像処理などでよく使います)
unit16 16ビット符号なし整数型
unit32 32ビット符号なし整数型
unit64 64ビット符号なし整数型
float16 16ビットの実数型
float32 32ビットの実数型
float64 64ビットの実数型
complex64 64ビットの複素数型
complex128 128ビットの複素数型

NumPyの配列は、型推定が行われますが配列生成のメソッドで引数dtypeで型を指定することもできます。
また、配列のデータ型はdtype属性で確認できます。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

x = np.array([1, 2, 3])
print(x.dtype) # int32

y = np.array([1., 2., 3.])
print(y.dtype) # float64

z = np.array([1, 2, 3], dtype='float64')
print(z.dtype) # float64

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!