【NumPy】F分布 numpy.random.f

スポンサーリンク

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、F分布を求める方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

F分布

F分布は推定や検定でよく用いられる確率分布です。
数値計算モジュールNumPyでは、「numpy.random.f(num, den, n)」で分子の自由度num、分母の自由度den、サンプル数nのF分布を求めることが出来ます。
今回はそれを試してみました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

分子の自由度5、分母の自由度8、サンプル数10のF分布を生成する。
numpy.random.f(5, 8, 10)

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

[ 1.61518496 0.47417557 1.27663486 0.95166294 2.52872343 0.71423807 1.04646356 3.43721285 1.72896257 0.27017609]

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法
NumPy入門 サンプルプログラム集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!