【NumPy】偏差値

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列・リスト内の偏差値を求める方法をソースコード付きで解説します。

偏差値の計算

Python用モジュール「NumPy」を利用すると、配列・リスト内のデータの平均値や標準偏差などを簡単に求められます。
今回はこれを応用して偏差値を計算してみました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。
(10人分の偏差値を表示)

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

def main():
    # 10人分の得点
    x = np.array([71,72,85,85,78,92,74,82,84,79])
    # 10人分の偏差値を計算
    ans = np.round_(50+10*(x-np.average(x))/np.std(x))
    # 10人分の偏差値を表示
    print(ans)

if __name__ == '__main__':
    main()

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!