【NumPy】配列の標準偏差 numpy.std

スポンサーリンク

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列・リスト内の標準偏差値を求める方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

標準偏差の計算

Pythonと数値計算モジュール「NumPy」を利用すると、配列内にある数値データの標準偏差を手軽に求めることが出来ます。
今回はそれを適当なデータで試してみました。

書式

numpy.std(ndarray)

第1引数:リスト(配列)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

def main():
    # データ(気温)
    data = np.array([31,30,27,25,29,34,32,31,30,29])
    std = np.std(data)              # 標準偏差を計算
    print("標準偏差:", std)   # 結果を表示


if __name__ == '__main__':
    main()

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

標準偏差:2.4

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!