【Python】リストの合計値(sum関数)

この記事では、Python言語の標準関数sumを用いて配列(リスト)の合計値を計算する方をソースコード付きで解説します。

sum関数で合計値を計算

Python言語には配列(リスト)の合計値を計算するsum関数が用意されています。
使い方は簡単で、sum関数の引数に配列(リスト)を指定するだけです。
今回はそれを使って適当なデータから合計値を求めてみました。

# -*- coding: utf-8 -*-

data = [1,2,3,4,5]  # 配列の生成

dsum = sum(data)    # 合計(総和)を計算

print(dsum)         # 15
関連ページ
1 【Python】標準モジュールで数値計算
2 【Python】数値計算プログラミング
3 【Python入門】サンプル集
関連記事