【Python】文字コード指定してテキストファイルに書き込み(open)

この記事では、Python言語で文字コードを指定してテキストファイルに書き込みする方法をソースコード付きで解説します。

テキストファイルの書き込み(文字コード指定)

Pythonでは、codecs.open()を使うことで、「EUC」や「UTF-8」などの文字コードを指定してファイルに書き込むことができます。

今回はこれを用いて「data.txt」に文字列を書き込んでみます。

codecs.open(ファイルパス, アクセスモード, 文字コード)

・ファイル名:アクセスしたいファイルのパス(位置)
・アクセスモード:アクセスするモード
(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)
・文字コード:EUCなら”euc_jp”、utf-8なら”utf-8″

ソースコード(Python2, 3対応)

プログラムのソースコードです。(utf-8で書き込み)

■実行結果(data.txtの中身)

test data

「data.txt」がない場合は新たに生成されます。

「data.txt」がある場合は中身のデータが丸ごと置き換わります。

(元からあったデータの後に付け加えたい場合は上書き書き込み”a”を使います)

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!