【Python】テキストファイルの読込・表示(open)

この記事では、Python言語でテキストファイルを読み込んで表示する方法をソースコード付きで解説します。

テキストファイルの読込

Pythonでは、open()を使うことで、テキスト形式のファイルを読み込むことができます。
今回はこれを用いて「data.txt」を読み込んで、その中身を表示してみます。

open(ファイルパス, アクセスモード)
パラメータ 説明
ファイル名 アクセスしたいファイルのパス(位置)
アクセスモード アクセスするモード
(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)
# -*- coding: utf-8 -*-

# ファイルを開く(読み込みモード)
f = open("data.txt","r")

# 読み込んだデータを表示
for line in f:
    print(line) # 1行ずつ表示

# ファイルを閉じる
f.close()

【タブ区切り】テキストファイルの読込

Pythonでは、open()を使うことで、ファイルを読み込むことができます。
読んこんだデータをタブ毎に区切って取得するには、 split(‘\t’)を用います。
今回はこれを試してみました。

open(ファイルパス, アクセスモード)
パラメータ 概要
ファイル名 アクセスしたいファイルのパス(位置)
アクセスモード アクセスするモード(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)
# -*- coding: utf-8 -*-
data = []

# ファイルを開く(書き込みモード)
for line in open("data.txt", "r"):
    data += line[:-1].split("\t")

# 表示
print(data)

"""
data.txtの中身
test    data
test2   data2
test3   data3

実行結果
['test', 'data', 'test2', 'data2', 'test3', 'data']
"""
詳細ページ
【Python】タブ区切りのファイルを読込(open)
関連記事
1 【Python入門】文字列の処理・使い方
2 Python入門 基本文法
関連記事