【Python】単純作業の自動化例【仕事効率化】

Pythonでルーティン作業を自動化する方法について入門者向けにまとめました。

【例】フォルダの自動生成(連番)

Pythonの標準モジュールcsvでCSVファイルをロードし、1列目と2列目の文字列を連結されたものをフォルダ名(ディレクトリ名)として、自動生成するサンプルです。


●サンプルデータ:class_list.csv


【Python】CSVファイルのリストからフォルダ(ディレクトリ)を自動生成
Pythonで、CSVファイルのリストからフォルダ(ディレクトリ)を自動生成する方法をソースコード付きで解説します。

【例】自動でURLをWebブラウザで開く

Pythonでは、webbrowserモジュールのopenメソッドで既定のブラウザでURLを開けます。
※webbrowserは標準モジュール

■既定のブラウザでURLを開く

# -*- coding: utf-8 -*-
import webbrowser


url = "http://www.nicovideo.jp/"
webbrowser.open(url)

Pythonでは、webbrowserモジュールのgetメソッドで任意のブラウザを選択できます。
(firefox, chrome, opera, internet explorerなど)
そして、openメソッドでURLを開けます。
※webbrowserは標準モジュール

■任意のブラウザでURLを開く

# -*- coding: utf-8 -*-
import webbrowser


 url = "http://www.nicovideo.jp/"

browser = webbrowser.get('"c:\\program files\\internet explorer\\iexplore.exe" %s')
browser.open(url)
関連記事
1 【Python】既定のブラウザでURLを開く
2 【Python】任意のブラウザでURLを開く(Chrome, firefox, IEなど)

【Windowsソフト】自動起動

Pythonでは、subprocessモジュールのPopenメソッドでWindowsのソフトを自動起動できます。

■Excelを自動起動する場合

import subprocess

# エクセルを自動起動
subprocess.Popen(r'C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\EXCEL.EXE')

Popenメソッドの引数に、起動したいソフトのexeファイルのパスを入れてやります。

【Python】Windowsのソフトを自動起動
PythonでWindowsのソフトを自動起動する方法について入門者向けにまとめました。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました