【Python】コメントの書き方

この記事では、Python言語でコメントを記述する方法をソースコード付きで解説します。

【コメント文】使い方

Pythonでは、文字列の前に「#」を付けることで、文字列をコメントにすることができます。
「#」から行末までがプログラム実行中に無視されて実行されないため、好きなメモを残すことができます。

# Out put 「hello」
print("hello")

プログラムを作成した際には、機能の説明などのコメントをこまめに書いておくと、後で見直す時などに便利です。

【コメント文】日本語

Pythonでは、日本語文字列などのマルチバイト文字が含まれていた場合には文字化けやエラーが発生します。
これは、デフォルト設定ではASCIIという文字コードで文字列を認識するからです。
そこで、日本語のコメントをプログラム中に挿入するときには文字コードを変えてやる必要があります。
文字コードを変更するには「# –– coding: utf-8 –-」をPythonプログラムの1行目に記述します。
日本語を処理する際によく使われる文字コードはUTF-8です。

# -*- coding: utf-8 -*-

# print関数
print("Janne") # Janne
おすすめ記事
1 【Python】日本語コメントを使う
2 【Python入門】サンプル集
関連記事