【Python】コメントの書き方(1行、複数行)

Python言語でコメントを記述する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

Pythonで1行のコメントを記述

コメント文とは、プログラム中に書き込む説明文(メモ)です。
プログラム実行時にコメント文は無視されます(プログラムの実行に影響されません)。
プログラム中にコメント文を入れることを「コメントアウトする」といいます。

Pythonでは、文字列の前に「#」を付けることで、その文字列をコメント文にすることができます。

#  「hello」と表示するプログラム

print("hello")

動画解説

本記事の内容は以下動画でも解説しています。

スポンサーリンク

Pythonで複数行のコメントを記述

Pythonで複数行のコメントを記述したい場合、ダブルクォーテーション3つ(“””)、もしくはシングルクォーテーション3つ(”’)で囲みます。

【ダブルクォーテーションを使った例】

"""
hello
と表示する
スクリプトです。
"""

print("hello")

【シングルクォーテーションを使った例】

'''
hello
と表示する
スクリプトです。
'''

print("hello")
スポンサーリンク

【補足】複数行のコメント文を記述するときの注意点

クォーテーションを用いて複数行のコメント文を記述するとき、直前の行と同じインデント(空白)で記述する必要があります。
直前の行と同じインデントでない場合はエラーになることがあります。

【正しい例】

a = 0

if a == 0:
      print("aは0です")
else:
      print("aは0ではないです")
      '''
      上の行とインデント(空白)が同じなのでエラーになりません
      '''
      print("本当にaは0ではないですよ?")

【エラーになる例】

a = 0

if a == 0:
      print("aは0です")
else:
      print("aは0ではないです")
'''
上の行とインデント(空白)が合っていないのでエラーになります
'''
      print("本当にaは0ではないですよ?")

上記のプログラムを実行すると「IndentationError: unexpected indent」というエラーが表示されます。

スポンサーリンク

関連記事

【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。 主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...
Python
スポンサーリンク
西住工房

コメント