【Python】複素数型の生成・四則演算

Python入門者向けに複素数型(complex型)の生成・四則演算についてまとめました。

【はじめに】複素数型とは

Pythonでは、複素数の計算を扱える複素数型(complex型)があります。

# -*- coding: utf-8 -*-
ej = 2 + 3j

print(ej) # (2+3j)
print(type(ej)) # 
複素数型のポイント
1 虚数部はiでなくj
2 jは実部の後に記述
3 虚数部の係数が1の場合は「1j」と記述
4 虚部部が0の場合は「0j」と記述

次のようにcomplex(実部, 虚部)で複素数型を生成することもできます。
変数で係数を指定するときに便利です。

real = 2
imag = 3

c = complex(real, imag)

print(ej) # (2+3j)
print(type(ej)) # 

【四則演算】複素数型の計算

他の数値型と同様、四則演算には「+」「-」「*」「/」を用います。

# -*- coding: utf-8 -*-
ej1 = 2 + 3j
ej2 = 3 + 2j

print(ej1 + ej2) # (5+5j)
print(ej1 - ej2) # (-1+1j)
print(ej1 * ej2) # 13j
print(ej1 / ej2) # (0.9230769230769231+0.38461538461538464j)

【実部・虚部の係数】real、imag

複素数型の変数から実部・虚部の係数を取り出すこともできます。

# -*- coding: utf-8 -*-
ej = 2 + 3j

print(ej.real) # 2.0
print(ej.imag) # 3.0
関連記事
1 【Python入門】複素数型(complex型)の使い方
2 Python入門 基本文法
関連記事