【Python】csvモジュールでファイル処理(読み書き・更新)

この記事では、Pythonの標準モジュールCSVでファイルの読み書きや更新などを行う方法についてソースコード付きでまとめました。

csvモジュールとは

Pythonには便利な標準モジュールcsvがあります。
これを使うことで、CSV形式のファイルの読み書きを楽に行うことができます。
readerメソッドで、CSVファイルを読み込んで、中身を2次元リスト(配列)に格納できます。

読み込み

# -*- coding: utf-8 -*-
import csv
import codecs

f = codecs.open("data.csv", "r")
csv_data = csv.reader(f)
data = [ e for e in csv_data]
print(data)
f.close()

書き込み

writer.writerowsメソッドで、CSVファイルにデータを1行分書き込めます。

# -*- coding: utf-8 -*-
import csv

data = [[0, 'YUI'],[1, 'UI'],[2, 'MIO']]

with open('data.csv', 'w', newline='') as f:    #newline=''を追加した
    writer = csv.writer(f)
    writer.writerows(data)   

f.close()

Python3系では、open関数で「newline=”」を指定してやらないと空行が発生します

【Python】csvモジュールでファイル処理(読み書き・更新)
この記事では、Pythonの標準モジュールCSVでファイルの読み書きや更新などを行う方法についてソースコード付きでまとめました。

【csv】その他の使い方

csvモジュールの基本的な使い方から応用例について以下にまとめました。

記事リンク 概要
CSVの読み込み CSVを読み込んでリストに格納する方法を解説します。
CSVの書き込み(1行) CSVファイルに1行分のデータを書き込む方法を解説します。
CSVの書き込み(複数行) CSVファイルに複数行分のデータを書き込む方法を解説します。
CSVのデータ更新 CSVファイルの指定行の書き換えを行う方法を解説します。
1年分の日付を保存 CSVファイルに1年分の日付を保存する方法について解説します。
公式リファレンス csvモジュールのリファレンスです。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました