【Python】csvモジュールでファイル処理(読み書き・更新)

Pythonの標準モジュールCSVでファイルの読み書きや更新などを行う方法についてソースコード付きでまとめました。

【基本操作】csvモジュールで読み書き

Pythonには便利な標準モジュールcsvがあります。
これを使うことで、CSV形式のファイルの読み書きを楽に行うことができます。
csv.writerメソッドでCSVファイルへ保存できます。
csv.readerメソッドで、CSVファイルを読み込んで、中身を2次元リスト(配列)に格納できます。

サンプルコード


【Python】CSVファイルに書き込み(複数行)
PythonでCSVファイルにデータを複数分書き込む方法についてソースコード付きで解説します。

【基本操作】CSVファイルの更新

CSVファイルの更新(特定の行の値)を書き換えてみます。
今回はCSVファイル「data.csv」のうち、「2017-01-01 01:00」のデータを更新します。


【Python】CSVファイルのデータを更新(指定行の書き換え)
PythonでCSVファイルの中身のデータを更新する方法についてソースコード付きで解説します。

【応用例】時間軸データの保存

Pythonモジュール「csv」では、writer.writerowsメソッドで、CSVファイルにデータを複数行書き込めます。
また、「datetime」モジュールでは、日付処理を行うことが出来ます。
今回はこれらを用いて、2017年1月1日0時0分~12月31日23時00分までの日時を1時間毎にCSVファイルへ書き込みました。


【Python】1年分の日付をCSVファイルに保存
この記事では、Pythonで1年分の日付をCSVファイルに保存する方法についてソースコード付きで解説します。
csv --- CSV ファイルの読み書き — Python 3.9.0 ドキュメント
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました