【Python】datetimeモジュールで日付の増減

この記事では、Pythonモジュール「datetime」で日付を増減させる方法についてソースコード付きで解説します。

日付の増減(加減算)

特定の期間の日付を取得したいときなどに、日付を増減(加減算)したいことがあります。
Pythonモジュール「datetime」では、timedeltaメソッドで、年・月・日・時・分・秒単位で時間を変化させられます。

【書式】
dt.timedelta(years, months, days, hours, minutes)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import datetime as dt

date = dt.datetime(2017, 5, 3, 12, 00, 00)

date = date + dt.timedelta(days=5, hours=1, minutes=30)

print(date) # 2017-05-08 13:30:00

2017年5月3日12時00分00秒から5日と1時間30分後の日付を計算しています。

関連記事
1 【Python入門】サンプル集
2 【Python】日時データの処理(datetime)
関連記事