【Python】datetimeの日付0埋めを解除

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Pythonモジュールdatetimeの日付0埋めを解除する方法についてソースコード付きで解説します。

0埋めを除去

Pythonモジュール「datetime」でstrftimeを使って日付の文字列を取り出すと0埋めがされます。
0埋めされるディレクティブに対して「-」を付けると、0埋めを解除できます。

2016-01-01 00:00:00 (0埋め)

2016-1-1 0:0:0 (0埋め解除)

ソースコード(Python3)

サンプルプログラムのソースコードです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

2017-1-1 0:0

ただし、パソコン環境によってこの機能は使えなかったりするようです。
私の場合、ラズベリーパイ3+Raspbianでは使えましたが、Windows10+Python3.5では使えませんでした。

【関連記事】
Python入門

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!