【Python/Flask】作成したアプリをHerokuで公開する方法(Windows)

Python用Webフレームワーク「Flask」で作成したアプリをHerokuで公開する方法について入門者向けにまとめました。

## 【Windows編】Flask製アプリをherokuで公開

メールアドレスとパスワードで登録します。

公式ページ(https://devcenter.heroku.com/articles/heroku-cli#download-and-install)からHeroku CLIをインストールします。

ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

heroku login 

ウィンドウが開いたら[LOGIN]ボタンをクリックします。

以下のコマンドを実行します。

heroku create [アプリ名]

※他と被らないアプリ名をつけます。

heroku git:remote -a [アプリ名] 

アプリファイル(main.py)と、設定ファイル(runtime.txt、requirements.txt、Procfile)を作成し、以下のディレクトリ構造で保存します。

├── myapp
    ├── main.py
    ├── runtime.txt
    ├── requirements.txt
   └── Procfile 

runtime.txt

python-3.8.1

requirements.txt

Flask==1.1.1

main.py

from flask import Flask
import os

app = Flask(__name__)

@app.route("/")
def hello():
    return "Hello, Heroku"

if __name__ == "__main__":
    port = int(os.getenv("PORT", 5000))
    app.run(host="0.0.0.0", port=port) 

Procfile

web: python main.py 

作業ディレクトリまで移動し、以下のコマンドを実行します。

git init
git add .
git commit -m "first commit"
git push heroku master 

以下のURLにアクセスしてアプリが表示されたら成功です。

https://アプリ名.herokuapp.com/  

## 【補足】エラー対策集

デプロイ時にエラーが出た場合については下記事にまとめています。

【Heroku】デプロイしたときのよくあるエラー対策集
Herokuでデプロイしたときのよくあるエラー対策集をついてまとめました。
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました