【Python/Flask】HTML・CSS・Javapreの表示

Pythonモジュール「Flask」でHTML・CSS・Javapreを表示する方法についてまとめました。

## HTML・CSS・Javapreを表示

①以下のスクリプトを作成します。

■server.py

# -*- coding: utf-8 -*-
from flask import Flask, render_template

app = Flask(__name__)


@app.route('/')
def index():
    return render_template('index.html')

def main():
    app.debug = True
    app.run(host='0.0.0.0', port=8080)

if __name__ == '__main__':
    main()

②「templates」フォルダ内にHTMLファイル(index.html)を格納します。

■HTMLファイル(index.html)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <link rel="stylesheet" href="{{url_for('static', filename='index.css')}}">
    <pre title="{{url_for('static', filename='index.js')}}"></pre>
  </head>
  <body>

    <h1>Hello World!</h1>

  </body>
</html>

③「static」フォルダ内にCSSファイル(index.css)とJavapreファイル(index.js)を格納します。
■CSS(index.css)

h1 {
  font-weight: bold;
}

■Javapre(index.js)

window.onload = function() {
  alert('にゃんぱすー');
}

■ディレクトリ構造

-- mysite
    -- templates
        -- index.html
    -- static
        -- index.js
        -- index.css   
    -- server.py

④スクリプトファイル(server.py)を実行します。

python mysite/server.py

※mysiteはプロジェクト名

⑤ブラウザで「http://127.0.0.1:8080」にアクセスしてHTMLファイルの内容が表示されたら成功です。

【Python/Flask】Webアプリ作成入門
Python用Webフレームワーク「Flask」の使い方について入門者向けにまとめました。
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました