【Python3】for + range で繰り返し処理

この記事では、Pythonでfor文 + range関数による繰り返し処理を使う方法をソースコード付きで解説します。

繰り返し処理① 回数のみ指定

Pythonでは、for文とrange関数を用いて繰り返し処理を行うことが出来ます。

書式

for 変数 in range(繰り返し回数):

    処理

繰り返しの回数を指定する場合はrange()関数を使います。
回数だけ指定した場合は、0から指定した回数だけ繰り返します。
このとき、変数も繰り返す分だけカウントされていきます。

サンプルコード

for x in range(3):
    print(x)# xを表示

実行結果

0
1
2

0、1、2と3回繰り返し処理が行われます。

繰り返し処理② 開始値・終了値を指定

以下の場合は、3からカウントが始まって4まで繰り返します。

for x in range(3, 5):
    print(x)# xを表示

実行結果

3
4

繰り返し処理③ 開始値・終了値、間隔を指定

以下の場合は、0からカウントが始まって1ずつカウントし、2まで繰り返します。
※range(3)と同じ処理

サンプルコード

for x in range(0, 3, 1):
    print(x)# xを表示

実行結果

0
1
2

おすすめ記事

Python入門 基本文法・サンプル集

シェア&フォローお願いします!