【Python】関数内でグローバル変数に値を代入して書き換える

Pythonの関数内でグローバル変数に値を代入して書き換える方法についてまとめました。

関数内でグローバル変数に値を代入して書き換え

Pythonでは、関数内でグローバル変数を呼び出すことはできますが、そのままでは代入できません。

message = "グローバル変数の値です"

def myfunc1():
  print(message)

def myfunc2():
  message = "関数内から代入した値です"
  print(message)


myfunc1() # グローバル変数の値です
myfunc2() # 関数内から代入した値です
print(message) # グローバル変数の値です 

 
global宣言を以下のように用いると、関数内でグローバル変数の値を書き換えできます。

message = "グローバル変数の値です"

def myfunc():
  global message # 関数myfunc内の変数messageはグローバル関数として扱う
  message = "関数内から代入した値です"
  print(message) 

myfunc() # 関数内から代入した値です
print(message) # 関数内から代入した値です
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました