【Google Colab】Python環境の使い方(無料でGPU付き)

無料のクラウド型Python開発環境「Google Colab」でGPUを使った処理を行う方法についてまとめました。

Google Colabとは

Google Colabとは、無料でGPU環境が使えるクラウドサービスです。
機械学習向けのサービスでPythonと「TensorFlow」「Keras」「PyTorch」「Chainer」「OpenCV」等の外部モジュールが使えます。
クラウドサービスなので、Chromeやfirefox等のブラウザ上でプログラムを編集・実行できます。
そのため、ハイスペックなPC環境が不要で、開発環境構築の手間も省け、大変便利です。

Google Colabの基本操作

Google Colabの基本操作を下記に整理しました。

項目 説明
準備するもの ①ブラウザ(Chromeがおすすめ) ②Googleアカウント(無料)
ノートブックの作成 ①Googleのアカウントにログインし、「https://colab.research.google.com/」から「Google Colab」にアクセスします。
②[ノートブックを新規作成] → [Python3の新しいノートブック] をクリックします。
■詳細:ノートブックの作成手順
プログラム実行 ①[+ コード ]をクリックし、プログラム入力用のセルを追加します。
②追加されたセルにプログラムを記述します。
③[▶]ボタンをクリックします。すると、セルの下に実行結果が表示されます。
■詳細:プログラムの実行・保存
プログラム保存 ①画面右上の[v]ボタンをクリックします。
②上部メニューから[ファイル]→[保存]をクリックします。
■詳細:プログラムの実行・保存
ファイル名変更 ①上部メニューから[ファイル]→[名前の変更]をクリックします。
②すると、画面上部でノートブックのファイル名を変更できるようになります。
■詳細:ファイル名の変更
GPUの利用設定 ①ノートブック画面上部から[ランタイム] → [ランタイムのタイプを変更]をクリックします。
②[ハードウェアアクセラレータ]に[GPU]を選択して保存します。
■詳細:GPUの利用設定
ファイルのアップロード ■詳細:ファイルのアップロード
ライブラリの導入 ■詳細:各種ライブラリのインストール

Google Colabの応用例

応用例
画像処理 OpenCV
関連ページ
1 【Google Colab/GPU】無料版の使い方
2 Python入門 基礎文法とサンプル集
関連記事