【Python】Google Colabを使って30秒で開発環境を作ろう

無料のクラウドサービス「Google Colab」を用いて、30秒でPythonの開発環境を構築する方法についてまとめました。

【はじめに】Google Colabとは

Google Colabとは、プログラミング言語Pythonで機械学習ができるクラウドサービスです。
無料でGPU環境が使え、「TensorFlow」「Keras」「PyTorch」「Chainer」「OpenCV」等の外部モジュールが使えます。

クラウドサービスなので、Windows、Mac、LinuxなどのOSに依存せず、Chromeやfirefox等のブラウザさえ入れれば、Pythonプログラミングができます。
グラフィックスボードを備えたハイスペックなPCが不要で、開発環境構築の手間も省けるため、かなり便利なサービスです。

ただし、Google Colaboratoryでは以下の制約条件があります。

主な制約条件
1 ノートブックのサイズは最大20MB
2 ノートブックのセッションが切れてから90分経過すると、インスタンスの状態がすべてリセットされる【90分ルール】。
3 新しいインスタンスを起動してから12時間経過すると、インスタンスの状態がすべてリセットされる【12時間ルール】。

動画解説版

本ページの内容は動画でも紹介しています。

【基本操作】Google Colabの使い方

Google Colabの基本操作を下記に整理しました。

項目 説明
準備するもの ①ブラウザ(Chromeがおすすめ) ②Googleアカウント(無料)
ノートブックの作成 ①Googleのアカウントにログインし、「https://colab.research.google.com/」から「Google Colab」にアクセスします。
②[ノートブックを新規作成] → [Python3の新しいノートブック] をクリックします。
プログラムの実行・保存 ①[+ コード ]をクリックし、プログラム入力用のセルを追加します。
②追加されたセルにプログラムを記述します。
③[▶]ボタンをクリックします。すると、セルの下に実行結果が表示されます。
④画面右上の[v]ボタンをクリックします。
⑤上部メニューから[ファイル]→[保存]をクリックします。
ファイル名の変更 ①上部メニューから[ファイル]→[名前の変更]をクリックします。
②すると、画面上部でノートブックのファイル名を変更できるようになります。
GPUの利用設定 ①ノートブック画面上部から[ランタイム] → [ランタイムのタイプを変更]をクリックします。
②[ハードウェアアクセラレータ]に[GPU]を選択して保存します。
ファイルのアップロード ファイルをGoogle COlabにアップロードしてプログラムでロードできるようにします。
各種ライブラリのインストール 外部ライブラリのインストールを行います。
OpenCVで画像処理 Python+OpenCVを使った画像処理をGoogle Colabで行う方法を解説します。
Kerasで画像処理 Python+Kerasを使った深層学習をGoogle Colabで行う方法を解説します。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました