【Python】文字列のハッシュ化

この記事では、Python言語で文字列からハッシュ値を生成する方法をソースコード付きで解説します。

文字列のハッシュ化

Python言語の標準ライブラリ・モジュール「hashlib」で文字列からハッシュ値を生成できます。
このライブラリでは、MD5、SHA1、SHA224、SHA256、SHA384、SHA512のアルゴリズムで生成ができます。

【書式】

hashlib.アルゴリズム名(文字列).hexdigest()

【返り値】
生成されたアッシュ値

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import hashlib

def main():
    # 文字列
    message = "nyanpasu"
    # ハッシュ値を求めた結果
    print("MD5:", hashlib.md5(message.encode("utf-8")).hexdigest() )
    print("sha256:", hashlib.sha256(message.encode("utf-8")).hexdigest() )
    print("sha516:", hashlib.sha512(message.encode("utf-8")).hexdigest() )

if __name__ == "__main__":
    main()

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

MD5:14134e4e2a0d3dd5035763936ca75621
sha256:16923985d41d4e7d99ba7657a3c1a4bfcbd1b52f49d383b150e689740651ce1c
sha516:2ea4cbd945c9ba04ed75e3fdbb0a5bcea710710c09375b1d1fca2238df7a073bfcd90408da49801bf0cb8c8d3a0ba3e1cf4142ae0e1b0d2c1ba7e74002e2c444
関連ページ
1 Python入門 基礎文法とサンプル集
関連記事