【Python】画像処理の処理時間を測る

この記事では、Pythonで画像処理した際の処理時間を測定する方法をソースコード付きで解説します。

画像処理の処理時間

今回は、Python標準モジュールtimeで画像処理の処理時間を測定しました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。(Python3+SciPy+NumPy)

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np
from scipy import ndimage
import matplotlib.pyplot as plt
import time

def main():
    # 入力画像をグレースケールで読み込み
    img = ndimage.imread('input2.jpg', mode='L')

    # 入力画像をコピー
    th = img.copy()

    # 処理開始時間の計測
    start = time.time()

    # 2値化
    th[th<160] = 0
    th[th>=160] = 255

    # 処理終了時刻の計測
    end = time.time()

    # 処理時間(終了時刻-開始時刻)の表示
    print (end-start, "[sec]") # 0.0009996891021728516 [sec]
    
    # 入力画像と2値化画像をグラフにプロット
    plt.subplot(121)
    plt.imshow(img, cmap = 'gray')
    plt.title('Input Image')
    plt.subplot(122)
    plt.imshow(th, cmap = 'gray')
    plt.title('Result Image')
    plt.show()


if __name__ == "__main__":
    main()

440×450[px]のJPG画像を入力した場合、処理時間が約1[ms]となりました。

おすすめ記事

PythonでOpenCV入門 サンプル集
【Python】画像処理プログラミング入門
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

シェア&フォローお願いします!