【Matplotlib】線類・幅・色・透過率の変更 plot

この記事では、Python向けグラフ描画ライブラリ「Matplotlib」を用いて、2次元グラフに曲線を描画する方法を紹介します。

線類・幅・色・透過率

PythonとMatplotlibでグラフを描く際に、線種・線幅・線色・透過率を変更することができます。

【書式】

plt.plot(x, y, linestyle,linewidth, color, alpha)
パラメータ 説明
x 2次元グラフの横軸データ
y 2次元グラフの縦軸データ
linestyle 線の種類
linewidth 2次元グラフの横軸のデータ
color 線の色(カラーコードなどで指定)
alpha 線の透過率(0-1.0)

linestyleを「–」にすると破線、「.」にすると点線になります。
(他にもたくさんあります)

【公式リファレンス】http://matplotlib.org/api/pyplot_api.html

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。
線に対して色々設定するプログラムです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.arange(-3.14, 3.14, 0.25)                                            # xの値を生成
sin = np.sin(x)                                                             # sin(x)の計算

plt.plot(x, sin, linestyle="-",linewidth=2, color="#ff0000", alpha=0.7)     # グラフ表示
plt.grid()                                                                  # グリッドの表示
plt.show()                                                                  # グラフの描画

次のように短く記述もできます。(効果は上と同じ)

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.arange(-3.14, 3.14, 0.25)        # xの値を生成
sin = np.sin(x)                         # sin(x)の計算

plt.plot(x, sin, "r-",lw=2, alpha=0.7)  # グラフ表示
plt.grid()                              # グリッドの表示
plt.show()                              # グラフの描画

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

関連記事
1 Python入門 基本文法
2 Matplotlib入門 サンプルプログラム集
関連記事