【Matplotlib】3D直線グラフの作成

Pythonライブラリ「Matplotlib」を用いて、3次元直線グラフを作成する方法を紹介します。

Axes3Dで三次元直線グラフ

Matplotlibモジュールには、3次元グラフを作成するAxes3Dメソッドが用意されています。
今回はこれで直線グラフを作ってみました。

書式

ax.plot(x, y, z, marker="マーカーの種類", color="カラーコード", ms=点の大きさ, mew=点の輪郭の太さ)
引数 説明
x, y, z 散布図にプロットする点の座標(x, y, z)
color マーカーの色
marker マーカーの種類( 「.」は小さい円、「o」は大きい円、「^」は三角形、「s」は四角形、「-」は直線 )
ms マーカーサイズ

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
from mpl_toolkits.mplot3d import Axes3D

def main():
    # (x, y, z)
    x = [1, 2, 3, 4, 5]
    y = [1, 2, 3, 4, 5]
    z = [1, 2, 3, 4, 5]
    # 3Dでプロット
    fig = plt.figure()
    ax = Axes3D(fig)
    ax.plot(x, y, z, "o-", color="#00aa00", ms=4, mew=0.5)
    # 軸ラベル
    ax.set_xlabel('x')
    ax.set_ylabel('y')
    ax.set_zlabel('z')
    # 表示
    plt.show()

if __name__ == '__main__':
    main()

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

おすすめ記事
1 Python入門 基本文法
2 Matplotlib入門 サンプルプログラム集
関連記事