【Matplotlib】リアルタイムグラフの速さ(更新間隔)

スポンサーリンク

この記事では、Python向けグラフ描画ライブラリ「Matplotlib」を用いて、対話モードでリアルタイム変化するグラフを作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

対話モード(インタラクティブモード)

前回記事では、Python+Matplotlibでリアルタイム変化するグラフを作成する方法を紹介しました。

【Matplotlib】リアルタイムグラフ
今回は、変化する時間間隔を変更する方法を紹介します。

時間間隔を変えるにはtime.sleep()を使います。
これをグラフ描画処理の間に入れることで、グラフが変化する速さを調整できます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

約0.3秒毎ににプロットする点が動きました。

【おすすめ関連記事】
Matplotlib入門 サンプルプログラム集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!