【Matplotlib】散布図の点の大きさ

Pythonライブラリ「Matplotlib」を用いて、散布図の点の大きさを変更する方法を紹介します。
Matplotlibモジュールには、散布図を作成するscatterメソッドが用意されています。
今回は点の大きさを変えてみました。

【書式】
matplotlib.pyplot.scatter(x, y, color=”カラーコード”, marker=’図形’, s=数値)

【引数】
x, y・・・散布図にプロットする点の座標(x, y)
color・・・マーカーの色
marker・・・マーカーの図形の種類( 「.」は小さい円、「o」は大きい円、「^」は三角形、「s」は四角形 )
s・・・マーカーサイズ
公式ドキュメント

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

【Matplotlib入門】グラフ作成、使い方とサンプル集
Pythonモジュール「Matplotlib」は、Python用の定番グラッフィクスモジュールです。短いコード量で効率よく線グラフ、棒グラフ、図形などのグラフを描くことができます。リストやNumPy配列のデータを渡してグラフ化できるので、デ...
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました