【Python/NetCDF】ファイルの読み書き・インストール

PythonでNetCDFファイルの読み書き・インストールする方法について入門者向けにまとめました。

【netCDFとは】インストール方法

netCDF (Network Common Data Form)とは、気象データ(気温、湿度、気圧、風速、方向など)などの科学的な多次元データ (変数) を格納できるファイル形式です。
各項目(変数)はレイヤーまたはテーブル ビューを作成することにでArcGIS で (時間などの) ディメンションを通じて表示できます。

Pythonでは、netCDF4モジュールをインストールすることで、netCDFファイルを簡単に読み書きできます。

■pipでのインストール

pip install netcdf4

■netcdfファイルのサンプル
https://www.unidata.ucar.edu/software/netcdf/examples/files.html

【読み込み】netcdfファイル

# -*- coding:utf-8 -*-
import netCDF4

dim = 'dimname'
var_name = 'varname'

# netCDFファイルの読み込み
nc = netCDF4.Dataset('test.nc', 'r')

dim = len(nc.dimensions[dim_name])
print(dim)

# 特定の変数のデータを取得
var = nc.variables[var_name][:]
print(var)

nc.close()
参考文献・関連記事
参考 Python でお絵かきPythonでNetCDFの読み書き
1 【Python入門】サンプル集
2 【Python】日時データの処理(datetime)
Python
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました