【NumPy】2つの配列から相関係数を算出

この記事では、Python言語とNumPyを用いて2つの配列のデータから相関係数を算出する方法をソースコード付きで解説します。

相関係数の算出

NumPy配列では、numpy.corrcoefで相関係数を算出できます。

書式

alpha = numpy.corrcoef(x, y)[0, 1]

配列xとyの相関係数を求めます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8
import numpy as np

    
def main():
    # 配列生成
    x = np.array([1, 2, 3, 4, 5])
    y = np.array([1, 3, 3, 4, 4])  
    
    # 配列xとyの相関係数の計算
    a = np.corrcoef(x, y)[0, 1]
    
    # 相関係数の表示
    print(a) # 0.903696114115
    
  
if __name__ == "__main__":
    main()
【NumPy入門】使い方・サンプル集
Python用数値計算モジュール「NumPy」の使い方とサンプルコードについて入門者向けにまとめました。
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました