【NumPy】高速フーリエ変換でパワースペクトル解析

Python言語とNumPyを用いて、高速フーリエ変換(FFT)でパワースペクトルを計算する方法をソースコード付きで解説します。

## パワースペクトル解析

パワースペクトルとは、信号の振幅と周波数の関係を示す指標です。
フーリエ変換(Fourier Transform)によりパワースペクトルを求めることができます。
今回は、PythonモジュールNumPyのnumpy.fft.fftを用いて高速フーリエ変換を行い、周波数スケールで振幅と位相をグラフ表示してみました。

書式

F = numpy.fft.fft(f)
パラメータ
ndarray 1次元のNumpy配列(ndarray)
F 返り値(フーリエ変換の結果:複素数)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。


実行結果

サンプルプログラム実行結果です。

関連記事
1 Python入門 基本文法
2 NumPy入門 サンプル集
Python
西住工房

コメント

  1. 大川 より:

    2番目と3番目のグラフがコードと違っています。

タイトルとURLをコピーしました