【Python/NumPy】対数スケールの配列を生成(numpy.logspace)

PythonモジュールNumPyで対数スケールの配列を生成する方法についてまとめました。

【対数スケールの配列】numpy.logspace

numpy.logspaceで対数スケールの配列を生成できます。

numpy.logspace(start, stop, num=50, endpoint=True, base=10.0, dtype=None)[source]
パラメータ 概要
start 生成される配列の最初の値。
stop f生成される値の最期の値。endpointにFalseが設定されている場合はこの値を含まなくなります。
num 生成する配列(ndarray)の要素数(デフォルト50で省略可能)
endpoint Trueの場合、stopが最後の値となる。Falseの場合、stopの値が配列に含まれない。(デフォルトTrueで省略可能)
base 基数(底)(デフォルト10.0で省略可能)
dtype 出力配列の型(デフォルトfloat64で省略可能)

【サンプルコード】Python + NumPy

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

# 2^1 ~ 2^10 までを値に持つ配列を生成
x = np.logspace(1, 10, 10, base=2)

print(x) # [ 2.  4.  8.  16.  32.  64.  128.  256.  512. 1024.]
関連記事
1 Python入門 サンプル集
2 NumPy入門 サンプル集
関連記事