【NumPy】整数乱数配列の生成

スポンサーリンク

この記事では、Python言語とNumPyを用いて整数乱数配を生成する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

疑似逆行列

Pythonでは、NumPyのnumpy.random.randintを利用することで、整数乱数配列を生成できます。

書式

x = numpy.random.randint(a0, an, size)

区間[a0, an) でサンプル数nの整数乱数配列xを生成します。
sizeは配列のサイズです。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

# 整数乱数の生成
x = np.random.randint(0, 5, 3) # 1次元配列
X = np.random.randint(0, 5, (3,2)) # 2次元配列(サイズは3 * 2)

# 結果表示
print(x) # [2 4 3]

print(X) # [[0 3]
            #  [3 4]
            #  [2 4]]

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!