【Python/NumPy】状態方程式の計算

この記事では、Python+NumPyを用いて、状態方程式を計算する方法をソースコード付きで解説します。

状態方程式の計算

前回の記事「【制御理論】状態方程式とは」で状態方程式について紹介しました。
今回はPython+NumPyで状態方程式の計算をしてみます。

ソースコード(Python3+NumPy)

サンプルプログラムのソースコードです。

#-*- coding:utf-8 -*-
import numpy as np


def main():
    # パラメータ行列・ベクトル
    A = np.array([[0., 1.],
                  [1., 1.]])

    x = np.array([[1.],
                  [1.]])
    B = np.array([[1.],
                  [1.]])

    u = np.array([[1.],
                  [2.]])

    # 状態方程式
    dx = np.dot(A,x) + B*u

    print(dx)
    
if __name__ == "__main__":
    main()

おすすめ記事

【Python】制御シミュレーション入門
【制御工学入門】古典~現代制御の基本原理
【Python入門】サンプル集
【NumPy入門】サンプル集
【SciPy入門】サンプル集

シェア&フォローお願いします!