【Python/OpenCV】画像ファイルを読み込む方法(cv2.imread)

Python+OpenCVを用いて画像ファイルの読み込む方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

画像の読み込み(cv2.imread)

本ページの内容は以下動画でも解説しています。

Python版のOpenCVでは、cv2.imreadメソッドで画像を読み込むことができます。

書式

img = cv2.imread(filename[,flag])
引数 説明
filename 読み込む画像のファイルパス
Macだと「/Users/github/sample/python/opencv/basic/input.png」のような感じ
Windowsだと「C:/github/sample/python/opencv/basic/input.png」のような感じ
flag cv2.IMREAD_COLOR : RGBカラー画像(24bit)として読み込む(画像の透明度は無視)。デフォルト値。単に1と指定しても同じ。
cv2.IMREAD_GRAYSCALE : グレースケール画像(8bit)として読み込む。単に0と指定しても同じ。
cv2.IMREAD_UNCHANGED :透明度(アルファチャンネル)も含めたRGBA画像(32bit)として読み込む。単に-1と指定しても同じ。
戻り値 説明
img NumPy配列(読み込んだ画像の画素値を格納)

読み込みに対応している画像ファイル形式は、「jpg」「png」「bmp」「pgm」「pbm」「ppn」「dib」「jp2」「tiff」「tf」「ras」「sr」です。
読み込んだ画像の画素値はNumPy配列に格納されます。
そのため、通常のNumPy配列と同様に、print関数で中身を確認できます。

スポンサーリンク

サンプルプログラムのソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。


■入力画像(3×3)

rgbとrgbaは3次元配列、grayは2次元配列になります。
それぞれの各要素は各画素の画素値を表しています。

種類 説明
rgb 最初の要素[ 36 28 237]は、座標(0,0)の画素値です。Windowsの場合、36はBlue、28はGreen、237はRedの濃度です。[ 76 177 34]は、座標(1, 0)の画素値です。
gray 最初の要素91は座標(0,0)の画素値です。122は、座標(1, 0)の画素値です。
rgba 最初の要素[36 28 237 255]は座標(0,0)の画素値です。Windowsの場合、36はBlue、28はGreen、237はRedの濃度、255は透明度です。[ 76 177 34 255]は、座標(1, 0)の画素値です。
スポンサーリンク

関連記事

【Python版OpenCV入門】使い方とサンプル集
Python版OpenCVで画像処理プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説するページです。
Python
スポンサーリンク
西住工房

コメント