【Python/OpenCV】cv2.medianBlur(メディアンフィルタ)で画像のぼかし・ノイズ除去

Python+OpenCVでメディアンフィルタを「NumPy」「cv2.medianBlur」で実装し、画像をぼかし・平滑化・ノイズ除去する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

メディアンフィルタ(Median Filter)とは

本ページの内容は以下動画で解説しています。

メディアンフィルタ(Median Filter)は、画像のぼかし(平滑化)ができる空間フィルタです。
中央値フィルタともいいます。
原理式については下記事で紹介しています。

【画像処理】メディアンフィルタの原理・特徴・計算式
画像処理におけるメディアンフィルタの原理や計算式についてまとめました。

このアルゴリズムは、NumPyでも実装できます。
また、OpenCVの「cv2.medianBlur」メソッドを使えば、より簡単に実装できます。

書式

dst = cv2.medianBlur(src, ksize)
パラメータ名 説明
src 入力画像
kernel フィルタのカーネルサイズ(3なら8近傍)
dst 出力画像

今回は、以下の2通りの方法で処理を実装してみました。

方法①NumPyでアルゴリズムを書いて実装(原理の理解を深めるため)
方法②cv2.medianBlurで実装

スポンサーリンク

サンプルコード①NumPyで実装した場合

サンプルプログラムのソースコードです。


スポンサーリンク

サンプルコード②OpenCVで実装した場合

サンプルプログラムのソースコードです。


実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

■入力画像(左)と出力画像(右)
12

関連ページ

【Python版OpenCV入門】画像処理の基礎〜応用例までサンプルコード付きで徹底解説
Python版OpenCVで画像処理プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説するページです。
【Python】画像処理プログラミング入門
この記事では、Pythonで画像処理・画像解析プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説します。
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
この記事では、画像処理における基本的なアルゴリズムとその実装例(プログラム)についてまとめました。
Python画像処理
スポンサーリンク

コメント