【Python/OpenCV】画像の拡大・縮小(最近傍補間法)

Python版OpenCVのcv2resizeで最近傍補間法を実装し、画像のサイズを変更(拡大・縮小)する方法をソースコード付きで解説します。

【画像のサイズ変更】最近傍補間法

画像を拡大・縮小するときの画素の埋め方の1つに「最近傍補間法」があります。
原理については「最近傍補間法による画像拡大の原理」で紹介しています。

今回は、以下の2通りの方法で処理を実装してみました。

方法①・・・NumPyでアルゴリズムを書いて実装
方法②・・・OpenCV(cv2.resize)で実装

動画解説

cv2.resize

dst = cv2.resize(src, dsize[, interpolation])
パラメータ名 説明
src 入力画像
dsize 変更後の画像サイズ
interpolation 補間法(最近傍補間ならcv2.INTER_NEAREST)
dst 出力画像

【サンプルコード】Python3 + OpenCV

サンプルプログラムのソースコードです。(画像サイズを2倍)

方法①

方法①

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。
■入力画像(左)と出力画像(右)

関連記事
1 PythonでOpenCV入門 サンプル集
2 【Python】画像処理プログラミング入門
3 【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
Python 画像処理
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました