【Python】pass文の使い方(何もしない処理)

この記事では、Pythonのpass文でfor, whileループを途中で終了する方法を入門者向けにソースコード付きでまとめました。

pass文の使い方

pass文とは、一言でいうと「何もしない文」です。
「何もしない文なんて居るの?」と思われるかもしれませんが、

・条件分岐(if文)で何もしない場合分けを作りたい
・中身が無い関数・クラスを用意したい

ことがあり、そういった場合に使用します。

サンプルコード

■何もしない条件分岐を作りたい場合

i = 100

if(i > 99):
    pass # 何もしない

else:
    print("何かします")

■何もしない関数・クラスを作る場合

def my_func():
    pass

class MyClass:
    pass


my_func()

my = MyClass()

ちなみにpass文を使わずに、空の関数や条件分岐を作るとエラーになります。

エラーになる例

■条件分岐

i = 100

if(i > 99):

else:
    print("何かします")

■空の関数

def my_func():

my_func()
関連記事
1 【Python入門】サンプル集
2 【NumPy入門】サンプル集

シェア&フォローお願いします!