【Pygame】スプライトのグループ管理(デフォルト指定)

この記事では、Pygameを用いてスプライトをグループ管理する方法とソースコードを解説します。

ススプライトをグループで管理

スプライトグループを使うと複数のスプライトを効率よく管理できます。(スプライトの更新・描画が楽)
特に大量のスプライトを使う弾幕ゲームなどでは便利な機能です。
Pygameではスプライトグループを使う方法がいくつかあります。
今回はその1つである「pygame.sprite.Sprite.init(self, self.containers)」を使ってみました。
※この方法では、スプライトクラス内であらかじめグループを指定しているため、スプライトの作成するとそのままグループに追加されます。
(いちいち追加処理をせずに済みます)

処理手順

プログラムの処理の流れは下記の通りです。

①「pygame」モジュールをインポートする。
②画面のサイズを設定する。
③円の中心座標を画面の中心に設定する。
④Pygameを初期化する。[pygame.init]
⑤ キャラクター3人分のスプライトを作成する。(この時同時にグループに追加される)
⑥3つのスプライトをグループに追加する。(group.add)
⑦画面のフレームレートを設定する。
⑧面の背景色を黒に設定する。
⑨スプライトグループを更新する。(group.update)
⑩スプライトグループを描画する。(group.draw)
⑪画面を更新する。
⑫3人のキャラクターを指定した座標(x, y)に描画する。
⑬イベント処理をする。
・画面の閉じるボタンが押されたら終了する。
⑭7-13の処理を繰り返す。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。


3人のキャラクターが動きます。

【おすすめ関連記事】
Pygameでゲームプログラミング
Python入門 基本文法

関連記事