【Pygame】ウィンドウ(画面)サイズの変更

この記事では、Python言語とPygameを用いて、ウィンドウ(画面)サイズを変更する方法とソースコードを解説します。

ウィンドウサイズの変更

pygameでは、「pygame.display.set_mode」を使うことで画面のサイズを変更できます。
今回はこれを利用して600*500の画面を表示します。

# -*- coding:utf-8 -*-
import pygame
from pygame.locals import *
import sys


def main():
    pygame.init()                                   # Pygameの初期化
    screen = pygame.display.set_mode((600, 500))    # 大きさ600*500の画面を生成
    pygame.display.set_caption("Test")              # タイトルバーに表示する文字

    while (1):
        screen.fill((0,0,0))        # 画面を黒色(#000000)に塗りつぶし
        pygame.display.update()     # 画面を更新
        # イベント処理
        for event in pygame.event.get():
            if event.type == QUIT:  # 閉じるボタンが押されたら終了
                pygame.quit()       # Pygameの終了(画面閉じられる)
                sys.exit()


if __name__ == "__main__":
    main()

関連記事
1 【Pygame入門】ゲームプログラミング
2 【Python入門】サンプル集
関連記事