【ラズベリーパイ3】ArduinoのpulseIn関数を移植

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、ArduinoのpulseIn関数をRaspberry Pi3に移植してみました。

pulseIn関数(Arduino)

ArduinoのpulseIn関数は、ピンに入力したパルスの時間を検出できます。

【書式】
pulseIn(pin, value [, timeout])

■引数
pin:入力ピンの番号
value: 検出するパルスの種類(HIGH or LOW)
timeout: タイムアウトまでの時間[μs]。省略するとデフォルト1秒となる。

【詳細】【Arduino】pulseIn関数の使い方

今回は、これをRaspberry Pi3に移植してみました。

pulseIn関数(ラズベリーパイ)

Raspberry Pi3版のpulseIn関数は次の通りです。

【Python】

・HIGHは1、LOWは0で指定します。
・Arduino版の違い、返ってくる時間の単位は[秒]
・使用例:【ラズベリーパイ3】Pythonで超音波距離センサ(HC-SR04)の制御

【関連記事】
Arduino入門 基本的な使い方

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!